スターシードの孤独の理由。~魂はどこにある!?~

完全な愛の存在であるあなたへ。
今日はときどき、無性に孤独やさみしさを感じて、
「星に還りたい!!故郷に還りたい!!」と思う方へのメッセージを^^✨

わたしとご縁のある方は、いわゆるライトワーカーであったり
スターチャイルド、(インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンなど)
それからスターシードと言われる
宇宙由来の魂をもっている方が多くいらっしゃいます。


それはもちろん、わたし自身もスターシード、スターチャイルド、ライトワーカーだから
ご縁を感じて
やってきてくださるのですね。

目次

スターシードのいいようのない孤独。

スターシード、スターチャイルド、ライトワーカーには
「いいようのない孤独」を抱えている人が多くいます。

今日、ふとしたきっかけで

「あぁ、わたしはやっぱり、ここにはいないんだ」

という感覚と、想いがしました。





肉体はここにあって
わたしは息をしていて
身体も動いて
たしかにここに、生きている。


だけどそれは、明らかに「わたし」ではないと感じられて。


「わたしはどこにいるんだろう?
どうして今ここにいるんだろう?」

何もかもを捨てて、故郷に還りたくなるような、そんな感覚。
スターチャイルドあるあるですよね^^?


その時、大きなわたしとヴィジョンがつながって
寂しさの原因が分かりました。

魂が!!宇宙にあるままになっている( ゚Д゚)!!!

肉体と心は地球にある。
でも宇宙に魂を置いたまま。





人は通常、三位一体(心、からだ、魂)がひとつです。
「そんなもんだ」と思ってるから、
まさか魂を宇宙に置いたまま生きてるなんて、想いもしないでしょうー?(´∀`;)


でもかなりしっくりくる部分はありました。

魂を宇宙に置いてきたまま、
こころと身体だけ地球にあって、魂が入ってないってことは

「魂こめろー!」みたいな日本語いいますよね?

でもわたし、魂入ってないから(笑)信念もないし、大した欲もない。
「透明」だし、
この世に生きている感覚が薄く、この世にわたしはいないって思ってるし
変化のスピードばっかやたら速くて

そのとき愛すべきひとに愛を注いだら
「もういいね」って、流れ星みたいにサッといなくなる。(ドライ)




それから
宇宙に「動かされてる」ような感覚が
ずっとあったのです。


自分の意思とは関係なく「やらされてる」感もあるし
もともとそんなに欲ないもんだから、導かれるままに生きてたら「あらこんなことやってるよ」みたいな(笑)

ヴィジョンでつながっている「大きなわたし」は
ハイヤーセルフかなんかだと思っていたけど

「あれはわたしの魂の姿だ」、と理解しました。

それに気づいて
あまりの愛おしさとなつかしさ?にボロボロ泣いて

「わたしはあなたとひとつになりたいのー!!!(´;ω;`)ウゥゥ」

ってプロポーズしたんです。

魂で生きていたい。それがわたしの、長年の望みでした。

魂ちゃんは、「わたしはそっちには行けない。周波数が違いすぎる。」って言ってたけど
どうにか口説き落としまして!

プロポーズは成功!
三位一体化も成功!(≧▽≦)✨


みぞおちあたりがとってもホカホカしていて

これまでも
魂レベルで愛を生きる。
魂の道を歩む。
って、すでにやってることなんだけど

今までとは違う
「信念」「強さ」「気」が入りました。

「魂が入る」って本当にこういうことなんだね^^



今まで遠~くから眺めるだけだった魂ちゃんにも
(この「 遠~くから眺めるだけだった 」って点も思い当たるよね☆)

これからは、一緒に地球のすばらしさ、生きているすばらしさを
体験してもらえると思っています。

身体を喜ばせること、心を喜ばせることをすると
魂に栄養が与えられるそうです^^


11月11日は、こうして私たちの置き去りにしてきたものと
ひとつになって
自分のチカラを取り戻す儀式になっていきます。



宇宙の愛(I←アイ。自分)と地球の愛 (I←アイ。自分) 、
ハートの愛と子宮(男性は丹田)の愛、
男性性と女性性、
地球銀行と宇宙銀行、、

離れていたはずのあらゆるものが直結して
わたしたちはまた「ひとつ」になり、

愛と光のスパーク、エクスタシーと余韻をこれからその現実で味わうでしょう。



宇宙のエネルギーを地球に降ろしながら生きる。
神聖な楽園地球、理想現実のはじまりです。



愛と叡智をあなたに。
ちえぼぅ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コスミックメッセンジャーでライフコーチ、ヒーラー、神秘家。
シリウス出身、プレアデス経由。
意識で現実を動かす“意識マニア”。
宇宙となじみ、大自然と調和するヘルシーな生き方がすき!

コメント

コメントする

目次
閉じる